エネルギッシュなサラリーマンの熱い思い

1982年に創業した、バイク便のパイオニアをご存知でしょうか?
その名も、『ソクハイ』。
常にバイク便業界をけん引している業者です。

多くのユーザーから高い評価を集めている理由のひとつとして、「さまざまな集荷サービス」が挙げられます。
たとえば、
・都内近県60分急送(クイック即配便)
・バイク便を時間で貸切る(チャーター即配便)
・災害時の危機管理体制を整えたい(災害レスキュー便)
・個人情報を含んだ荷物を届けたい(セキュリティ即配便)
などさまざま。
利用方法も非常にシンプルで、公式ホームページに配送の流れや配送伝票の記入方法、支払方法などが分かりやすく記載されているので便利ですよ。
個人的には支払いでクレジットカードが利用できるということが非常に魅力的ではないかと思いました。
対応カードは
・ビザ
・マスターカード
・アメリカンエクスプレス
の3種類となっています。
ただし注意点として、携帯電話の電波が入る場所で決済をする、という条件があるようです。

関東圏だけではなく、配達が難しい地方や遠方でも対応してくれるとのことなので、ご利用の方は一度確認してみてください。
メールでの問い合わせも可能です。

バイク便のことならこちらを参考にしてみてくださいませ。

印刷機能しかない場合は複合機と区別してプリンタといいます。複合機はコピーとスキャナーの機能がついています。中古の複合機を選ぶ時は、印刷やコピー・スキャナー機能をトータルチェックすることが大切です。

まず、印刷の仕上がりが綺麗かどうかをチェックしましょう。解像度、インク数、インクの種類、自動補正機能が付いているかを確認する必要があります。複合機は各メーカーごとに特殊機能を備えているので調べましょう。

次にコピーとスキャナの性能が良いか確認した方がいいです。スキャンセンサータイプと解像度、自動原稿送り装置の有無をチェックしましょう。分厚い原稿などをスキャンする場合は、スキャンセンサータイプがCCDの機種を選んだ方がいいです。一度に大量の用紙をコピーするオフィスでは、自動原稿送り装置が付いていないと紙詰まりするので要注意です。

文書を印刷することが多い場合は、印刷スピードの速い複合機を選びましょう。一般的にL判1枚を20秒以内で印刷できれば問題ありません。

印刷コストを抑えたい時は、使用するインクや用紙代をチェックしましょう。印刷枚数にもよりますが、L判の印刷コストが20円前後になる複合機がおすすめです。メモリカードやモバイル、タブレットの画像データをダイレクトに印刷したい時はネットワーク経由で印刷できる方が便利です。