エネルギッシュなサラリーマンの熱い思い

印刷機能しかない場合は複合機と区別してプリンタといいます。複合機はコピーとスキャナーの機能がついています。中古の複合機を選ぶ時は、印刷やコピー・スキャナー機能をトータルチェックすることが大切です。

まず、印刷の仕上がりが綺麗かどうかをチェックしましょう。解像度、インク数、インクの種類、自動補正機能が付いているかを確認する必要があります。複合機は各メーカーごとに特殊機能を備えているので調べましょう。

次にコピーとスキャナの性能が良いか確認した方がいいです。スキャンセンサータイプと解像度、自動原稿送り装置の有無をチェックしましょう。分厚い原稿などをスキャンする場合は、スキャンセンサータイプがCCDの機種を選んだ方がいいです。一度に大量の用紙をコピーするオフィスでは、自動原稿送り装置が付いていないと紙詰まりするので要注意です。

文書を印刷することが多い場合は、印刷スピードの速い複合機を選びましょう。一般的にL判1枚を20秒以内で印刷できれば問題ありません。

印刷コストを抑えたい時は、使用するインクや用紙代をチェックしましょう。印刷枚数にもよりますが、L判の印刷コストが20円前後になる複合機がおすすめです。メモリカードやモバイル、タブレットの画像データをダイレクトに印刷したい時はネットワーク経由で印刷できる方が便利です。