エネルギッシュなサラリーマンの熱い思い

長寿国と言われている日本。介護の世界は本当に慌しく、一日24時間では足りないというほど人手が不足しているとも言われています。人手が少なくても効率よく運営していくためにはどうしたらいいか、そこで着目されているのが介護ソフトなんです。介護保険の請求がソフトによって手間がかからなくなれば、どれだけ助かることでしょうか。

介護ソフト「かがやきぷらん2」について>>こちらをご覧ください。優しい色合いのデザインがモチーフの公式サイトで、コンテンツ内容も充実しています。「かがやきぷらん2とは」という項目をクリックすれば、ソフトの内容を確認することができます。料金も気になりますね。基本料金や機能料金、オプション機能料金に関する情報を掲載しています。

「機能」ではオススメ機能や共通機能、居宅介護支援事業所用の機能、訪問介護サービス事業所用の機能、通所介護サービス事業所用の機能など、それぞれにあったタイプの機能を細かく分類して説明しています。大変分かりやすいと評判です。また、「導入実績」をクリックすると、各都道府県ごとに導入している事業所数を見ることができます。多くの事業所でかがやきぷらん2がすでに導入されていることがお分かりいただけることでしょう。

印刷機能しかない場合は複合機と区別してプリンタといいます。複合機はコピーとスキャナーの機能がついています。中古の複合機を選ぶ時は、印刷やコピー・スキャナー機能をトータルチェックすることが大切です。

まず、印刷の仕上がりが綺麗かどうかをチェックしましょう。解像度、インク数、インクの種類、自動補正機能が付いているかを確認する必要があります。複合機は各メーカーごとに特殊機能を備えているので調べましょう。

次にコピーとスキャナの性能が良いか確認した方がいいです。スキャンセンサータイプと解像度、自動原稿送り装置の有無をチェックしましょう。分厚い原稿などをスキャンする場合は、スキャンセンサータイプがCCDの機種を選んだ方がいいです。一度に大量の用紙をコピーするオフィスでは、自動原稿送り装置が付いていないと紙詰まりするので要注意です。

文書を印刷することが多い場合は、印刷スピードの速い複合機を選びましょう。一般的にL判1枚を20秒以内で印刷できれば問題ありません。

印刷コストを抑えたい時は、使用するインクや用紙代をチェックしましょう。印刷枚数にもよりますが、L判の印刷コストが20円前後になる複合機がおすすめです。メモリカードやモバイル、タブレットの画像データをダイレクトに印刷したい時はネットワーク経由で印刷できる方が便利です。